イメージ・コンセプト

商業用地 分譲地
商業施設立地に向けての条件整理
  マリンタウン西原与那原地区の地理的条件及び周辺地域の商業施設立地状況を勘案しつつ、
土地利用計画に基づいて形づくられるマリンタウン全体のイメージに沿った商業施設を形成します。
■ターゲット
商業施設のターゲットは『県内客』と『県外客』です。
沖縄県への観光客数は年々増加しており、近年はショッピングが主な旅行目的となっている人も増えている事から、当然ながら両層に対応できる施設を設けていきます。
■マーケットエリア
マーケットエリアは、主に近隣、地域、広域の3つのタイプに分ける事ができます。
本商業地域は、地域・広域を対象エリアとし、周辺地域に立地する商業施設(総合スーパー等)との差異化を図るため、個性的な商業施設にて誘客に繋げます。
■客層・属性
男女は問わず最も厚い年齢層で、数年後から定年世代にはいってくる団塊の世代を中心に、ヤング・ファミリー層・高齢者層など多様なニーズへの対応が必要です。
■商業施設の施設構成(空間・環境・イメージ)
機能性を優先して駐車場を囲ったタイプの『広場型』、まち全体のイメージとリンクさせた『ストリート型」を想定。
商業施設のイメージ(コンセプト案)
  上項目を踏まえ、商業施設の固定化を図るため、
沖縄にはない脱沖縄イメージ(ハイクオリティー)の形成を図る。
■コンセプト案 ≪ターゲット≫
・ニューリッチライフを志向する人達

≪空間のイメージ≫
・楽しく歩けるショッピングストリート

≪店舗イメージ(例)≫
・おしゃれなレストラン
・おしゃれなカジュアルファミリーショップ
・見ていて楽しい雑貨店
・グレードアップされたスーパーマーケット
・新しいタイプのホームセンター
 

沖縄県町村土地開発公社西原支社
(西原町役場 都市計画課内)
〒903-0220 沖縄県中頭郡 西原町字嘉手苅112番地 TEL(098)-945-4496 FAX(098)-946-1528